西宮市での新車 中古車販売・自動車買取・保険・車検・修理のことならgtnet西宮にお任せください!

ブログ
  • HOME »
  • »
  • 買取車 速報! トヨタ MR2 AW11 MR2スーパーチャージャー

買取車 速報! トヨタ MR2 AW11 MR2スーパーチャージャー

当店で買取り査定をされたお客様お車が、買取り決定となりましたので、速報でご紹介致します。
トヨタ
MR2スパーチャージャーTバールーフ
G-LTD
AW11
1989(平成1年)式
5F
ダークブルーマイカ
150,000km

社外アルミホイール
純正エアロ
エンジンノーマル
リアタワーバー

レカロシート
ナルディハンドル

 

00510000000000008733_3

 

 

 

 

 

 

00510000000000008733_2

 

 

 

 

 

 

MR2それも台数そのものが少なくなってきた初期型のAW11です。
トヨタ初のミッドシップということで注目を浴びた車です。

現在の車と取り巻く環境が違うので一概に同列で比較しにくい面はありますが、
まず最初に目に止まるのは、やはりコンパクトだという印象です。
全長3,950mm×全幅1,665mm×全高1,250mmは、現在のトヨタ車でいうとヴィッツの
全長3,975mm×全幅1,695mm×全高1,500mmと比較しても全高以外はほぼ同じサイズということを考えると、
やはりコンパクト!

エンジンはトヨタの名機ツインカム16バルブ4A-GZE型スーパーチャージャー145psエンジンを搭載し、
車輌重量もこれまた現在の基準で言っても軽量な部類の1,100kgという車重。
曲線デザインが多い現在の目から見ると、ボディデザインも角型なので車両感覚がとてもわかり易いデザインです。
この時代の車で流行った、現在では無くなってしまったリトラクタブル式ヘッドライトも懐かしさを醸し出しています。

ルーフはTバールーフが装備されており頭上の開放感があるのと、
Tバールーフを外せばあまり高くない車高でも乗り降りしやすいという二度美味しい嬉しい装備。
00510000000000008733_1

 

 

 

 

 

 

00510000000000008733_4

 

 

 

 

 

 

この車輌は基本的には大幅な改造は無く、エンジンや足回りともに基本ノーマルでライトなチューン仕様。

部分的な特長としては、

車体については、ドア付近に軽い板金補修がされていますが、目立たない仕上がりになっています。
リア右サイドにあったアンテナは取り外され、穴はキレイに塞がれこちらも目立たない仕上がりになっています。
ボディの塗装状態については年数の経っている車輌ですが、
塗装ハゲなどはないので磨きをかければツヤは復活すると思います。
Tバールーフはノーマル状態はスモーク調ですがミラー加工されており、より直射日光を遮り夏の暑さの緩和に役立ちそうです。

ホイールは社外品の8本スポークアルミホイールが付けられており、なかなかイイセンスですね!

00510000000000008733_6

 

 

 

 

 

 

00510000000000008733_5

 

 

 

 

 

 

室内は、エアコン・パワーウインドウ装備。
この時代の車によく見かけるメーター両脇にライト類のスイッチを集約するタイプのデザインで、
最近一部の「どこにどのスイッチがあるのかわかりにくい」スイッチレイアウトの車に比較すると、
シンプルな感じでスイッチが集中しているので、わかりやすいレイアウトであることがわかります。

ハンドルは社外品のナルディクラシックハンドルに交換され、この時代の車によくマッチしており雰囲気作りに一役立っています。

ミドシップが特長のMR2らしい高めのセンタートンネルから生えているシフトノブは、
ノーマルのシフトノブは横から握るタイプの革巻きタイプですが、社外品のアルミ製の丸型タイプに付け替えられています。
00510000000000008733_7

 

 

 

 

 

 

横から握るタイプより、どの角度からでも握れる丸型タイプは操作性も良く良いチョイスだと思います。
ペダル類も、やはり外品のアルミ製ペダルに交換され操作性もUPしています。
アクセルとブレーキの距離も適度に近づきヒール&トゥもしやすくなっています。

ナビは装備されていませんが、CDデッキと追加の3連メーターが取り付けられており、
油温など走りの情報がよりわかりやすくなっています。
シートはバケットタイプではない角度調整式のレカロシートが装備され、日常の使い勝手を配慮したものになっています。
シート表面も破れもなくまだ綺麗な状態ですので快適なドライブができそうです。
00510000000000008733_8

 

 

 

 

 

 

高年式の車ですがエンジンはノーマルですのでトラブルの心配は少ないと思います。
前オーナー様がしっかりメンテナンスされていた様子がうかがわれるエンジンルームです。
しっかりと整備しエンジン周りもクリーンUPすれば、まだまだスーパーチャージャーのトルクを発揮し
元気に回ってくれるに違いないトヨタの名機4A-GZE型スーパーチャージャーエンジンです。

ミドシップの要であるリアの安定性に一役買う社外品のリアタワーバーを装着しています。

フロントのトランクルームもスペアタイヤ・ジャッキ類などしっかり装備されノーマル状態を維持しています。

00510000000000008733_9

 

 

 

 

 

 

ノーマル状態を基本に、ポイントに社外パーツでドレスUPしたぐらいの車輌なので、
コンディション維持のための整備に重点を置けば、この平成元年産まれの貴重なミドシップスポーツは、
まだまだ元気に走ってくれるに違いないと思います。。

 

この車輌も、お客様からの査定依頼より、買取りさせて頂いたものです。

こういった、スポーツカーを専門に扱っているGTNETでは、積極的に、

中古車スポーツカーの査定や高額買取りを行っています!

お客様の大切な愛車を次のオーナー様へ橋渡しさせて頂きます!

「あなたの愛車はお幾らでしょう?」

 

GTNET株式会社
    567-0058
兵庫県西宮市若山町10-6
    TEL:0798-62-3000
    FAX:0798-62-3100
HP  http://gtnet-nishinomiya.jp/
GTNET MOTOR SPORTS】レース情報満載
    twitter   @GTNET_MS

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP
Copyright © GTNET西宮 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.